どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

愛犬の口臭を消す方法や嫌がる歯磨きと歯石への対策とは?

   

わんちゃんが歯磨きを嫌がる、歯石取りに苦労する人も多いのではないでしょうか。愛犬のストレスにもなるからと放置してしまうと口臭や歯石の原因にもなりますし、歯磨き粉やガムも市販のものは何が入っているか分からず怖い。無理なく口の中のケアをするにはどうすればいいのでしょうか。

わんちゃんのお口でこんなことはありませんか?

愛犬(わんちゃん)がいる場合、日々の「お口ケア」は欠かせませんが、歯磨きの時間が大変でどうしたらいいか分からないと悩む人は多いです。

  • 口を開けられるのが苦手
  • 口を触らせてくれない
  • 歯ブラシのくすぐったい感じが苦手
  • 歯磨き粉をつけても、粉だけ舐めてしまう
  • そもそもブラッシング自体が嫌い

といった感じで歯磨きさせてくれず、途方にくれてしまうケースも少なくありません。

愛犬が嫌がることはストレスにもなるからあまりしたくない一方で、放ったらかしにしてしまうと、様々な問題が出てきます。

このこのふりかけ,犬,歯磨き,嫌がる

  • 歯垢や歯石がつく
  • 歯肉が赤い
  • 歯茎が腫れる、出血する
  • よだれや鼻水が増える

このような症状が起こると、歯周病の原因にもなりやすいですね。

歯周病は、わんちゃんに多く見られる生活習慣病の1つで、3歳以上のわんちゃんの8割は歯周病、歯周病予備軍ともいわれて、高齢になればなるほど発生率は高まるようです。

歯磨きケアを怠ると歯垢がつき、歯垢が固まると歯石になって、こうなると歯ブラシでは簡単に落とすことはできません。

歯垢や歯石には食べかすだけでなく細菌や細菌副産物も含まれており、歯周病の元になります。

放置すると危ない理由

お口ケアを怠って、歯周病になってしまうと、大事な歯を失ってしまうこともあります。私の周りでも「○○ちゃんは歯周病で歯を11本抜いてるの」というケースがあり、びっくりしました。

歯周病は歯を失うだけではありません。

食べかすだけでなく、細菌や細菌の副産物も含まれており、それが口の中から体内に入ると、全身に細菌がまわってしまい、心臓や肝臓、腎臓などに悪影響を与える可能性もあるのです。

わんちゃんに限らず、ねこちゃんや、私たち人間も同じことがいえますが、お口ケアはそれだけ大事なものです。「なめて」かかってしまうと、とんでもない事態を招いてしまうかもしれません。

分かっていても・・・

いや・・言いたいことは分かるよ。歯磨きもちゃんとして毎日、お口のケアをしたほうがいいのも分かる。ほったらかしにしたら歯周病になって、いろんな問題も起こる可能性がある・・・

でもさ〜、理想と現実は違うって言うでしょ!

私たち人間も正直「歯磨きめんどくさい」って思うことは多いだろうし、居酒屋などで飲みすぎたときは歯磨きせずに寝てしまうことも・・大人でも大変なのに、子どもがいたら、歯磨きさせるのは大変だよ!

人間とわんちゃんは違うけど、嫌がるコに対して毎日毎日歯磨きさせるのは肉体的にも精神的につらい・・

このように思われる方も多いのではないでしょうか。

「大事な家族」のストレスになるのは嫌だけど、ケアしないと歯石や病気になる。対策もしないといけないけど、できる限り簡単に、負担の少ない方法はないの?

このような「ジレンマ」「悩み」「希望」を抱えている人や家庭も多いと思います。

お口ケアに限った話ではありませんが、何事も日々続けられなければ意味がありません。

犬,歯磨き,嫌がる,歯石,対策,歯石取り

わんちゃんのために・・と張り切りすぎて、それが飼い主さんのストレスになって体調を崩してしまっては本末転倒ですよね。

無理なくコツコツ続けられる仕組みを持つ必要があるのです。

そのようななか、今回とりあげる「このこのふりかけ」という商品は、いつものごはんにふりかけるだけでお口ケアができると話題になっています。

ごはんを食べながらお口のケア

歯磨きをさせるのは大変ですが、普段のごはんを食べながら実はお口のケアもしっかりできている「仕組み」を作ることができるのが大きいと思います。

ふりかけの中には、グロビゲンPG、なた豆、乳酸菌、ポリグルタミン酸などが含まれ、お口の汚れと結合し、口の中のニオイをケア。乳酸菌が口の中の善玉菌と悪玉菌のバランスを保ってくれます。

実際に食べてくれないと意味がないため、ふりかけの味にもとことんこだわっており、まるでボーロのような味に。

ドッグフードをあまり食べてくれなかったけど、このふりかけと一緒なら食べてくれたケースも多いのだとか。

自然由来の原料のみを使っているところも安心材料ですね。

歯磨き粉やガムじゃダメなの?

  • お口のケアは歯磨きガムをあげて、ムシャムシャ噛んでるから大丈夫じゃないの?
  • 市販の歯磨き粉やガムでいいのでは?
  • 歯石取りを定期的にしているから大丈夫でしょ

このように考えている場合は注意が必要です。

確かに歯磨きガムを使うと、歯に溜まった歯垢や歯石を落としてくれますが、歯のすきままできれいに落とすことはできません。

市販の歯磨き粉や歯磨きガムには、わんちゃんがすすんで歯磨きしてくれるようにするため、わんちゃんの好きなニオイや味などを再現するために、様々な添加物、嗜好性のある物質が使われていることもあります。

わんちゃんの身体に良くない添加物が含まれている可能性もあり、たくさんあげれば良いものではないし、カロリーも気になるところです。

ガムが固すぎると、わんちゃんの歯を傷つけてしまうかもしれません。

動物病院などで定期的に歯石取りをしていても、リスクがあります。

人間の場合は、歯医者さんで手軽にとってもらうことができますが、わんちゃんの場合は全身麻酔をして、眠っている間に施術を行うことが多いです。

全身麻酔は高いお金がかかるだけでなく、わんちゃんの身体に大きな負担となり、高齢、免疫力が落ちているコ、体の小さいコほどリスクは高くなります。

麻酔をかけない場合でも、わんちゃんが嫌がると隅々まできれいにさせてくれません。

その点、「このこのふりかけ」なら、いつものごはんにふりかけるだけなので、身体に負担をかけず、歯磨き粉やガムでは落としきれない汚れも落とすことができるのは嬉しいですね。

口コミは?副作用の危険性は?

わんちゃんといっても、からだの大きさ、犬種、年齢、性格、味の好き嫌いなど、個人差があります。

そのため、ネット上には様々な口コミもありますが、鵜呑みにはしないでください。

副作用は、

公式サイトなどを調べた限りでは、ただちに身体に悪影響を与えることはなさそうですが、今回に限らず100%安心、大丈夫とは言い切れないのが正直なところです。特にアレルギーを抱えている場合は成分の確認もお願いします。

使用上の注意も確認のうえで、一度に一気にふりかける行為は控えましょう。早く効果を出したいといったお気持ちは分かりますが、焦りすぎて逆に、わんちゃんの健康を害してしまっては意味がありません。

メリットとデメリット

今までの内容も含めて「このこのふりかけ」のメリット、デメリットにはどのようなものがあるか、まとめてみます。

メリット

  • いつものごはんにふりかけるだけなので手間がかからない。
  • わんちゃんにとっては、いつものごはんを食べている感覚なので、体の負担をかけずに済む。
  • 自然由来の原料のみを使っているところも安心。保存料や着色料、防カビ剤、香料、防腐剤、発色剤、酸化防止剤は含まれていない。
  • わんちゃん、飼い主ともに日々の歯磨きケアの大変さから開放される。

犬,歯磨き,嫌がる,歯石,対策,歯石取り,ガム,口臭を消す方法,口臭,臭い

デメリット

  • アレルギーや味の好みなどに個人差があるため、合わないケースも考えられる。
  • 動物病院やペットショップでは購入できない。
  • コツコツ続ける必要があり即効性は期待できない。

まとめ

歯磨きは毎日しっかりしましょうね・・などと動物病院の先生から指導されるケースもあると思いますが、実際にそれを日々やるのは大変です。

  • 愛犬が嫌がって歯磨きさせてくれない。
  • 愛犬のためと思っても、飼い主自身、もともとめんどくさがりの性格だから続かない。
  • 愛犬のためにと思っても、嫌がって暴れるから、こちらもストレスがたまる。

わんちゃんのためとはいえ、お互いにストレスがたまって不穏な空気になってしまっては、元も子もありません。飼い主さんのイライラを察知して、さらに嫌がる・・といった悪循環に陥ってしまうおそれもあります。

その点、普段のごはんにふりかけて混ぜるだけの「このこのふりかけ」は、「家族のイライラやストレスを回避する」手段にもなってくれるのかなとも思います。

いままで歯磨きで苦労してきた方ほど、いやいや、ちょっと待て!ごはんにふりかけるだけで劇的に変わるはずがない!今までの苦労が消えるはずがない!と半信半疑になると思います。

もちろん、その気持ちも分かります。

ごはんにふりかけるだけといっても、ごはん自体がすごく健康に悪い添加物たんまり・・では意味がありません(苦笑)

アニメの世界みたいに、杖をふれば悩みすべて解決!みたいな、世の中は甘くないのも事実ですw

ただし、何事もやってみないとわからないのも事実です。

今なら期間限定、数量限定で割引価格で提供されているようです。

定期コースでも、何回買わないとダメ、みたいな、いわゆる「定期縛り」はありませんし、まずは気軽に、「わんちゃんのごはん」を買う感覚で投資してみるのもいいかもしれません。

▲▲▲
クリックして詳細を見る

 - 美容・健康