どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

ヌークミルクローションはVIOや顔にも使える?副作用の危険やリスクは?

      2018/07/22

自宅などで手軽に除毛できるとSNSなどで話題のヌークミルクローションですがVIOラインや顔にも使えるのでしょうか。副作用の危険やリスクなど、不安になりがちな部分をまとめてみました。

VIOラインや顔にも使える?

公式サイトではワキ、腕、指、うなじ、背中、足といった「全身に使えます」と書かれていますが、デリケートゾーンや顔には使えるのでしょうか。

結論からいえば「使えません」

たとえ使えたとしても個人的には使用を避けたほうがいいと思います。

公式サイトの使用上の注意の中で

  • お肌に異常のある個所や顔には使用しないでください。
  • においで気分が悪くなったり、使用中異常があらわれた場合は、ただちに使用を中止し洗い流し、皮膚科専門医などにご相談ください。

と書かれています。

デリケートゾーンについては具体的な記述は見当たりませんが、顔同様「デリケートな部分」です。スプレーが大事な部分の粘膜などにかかり、皮膚が赤くなって腫れるといった可能性もゼロではないので避けたほうがいいですね。

どうしても使いたい

どうしてもデリケートゾーンや顔で使いたい場合、通常通りスプレーを吹きかけるのではなく、まずは手に吹きかけてから、手についた乳液を少しずつ気になる部分にやさしく塗るなどの工夫をしたいところです。

それに加えて、余計な部分に吹きかけてしまったなどの「アクシデント」があってもすぐに対応できるよう、お風呂の中などでしましょう。

※あくまで自己責任でお願いします。原則顔やデリケートゾーンへの使用はおすすめしていません!

ヌークミルクローション VIO 顔 使える?

少し余談になりますが、個人的には「水着や下着で隠す特に大事な部分」「粘膜のある部分」の脱毛や除毛は、かなり剛毛といった場合を除いて気にしすぎる必要はないのかなと思います。

脱毛と聞くとテレビCMなどの影響で、全身くまなく毛をなくす、デリケートゾーンこそ処理すべきといったイメージがあるかもしれませんが、なかには身体を守るために必要な毛も存在します。

毛があっても、きれいに整えるなど保湿も含めてケアしていればむしろ自然で清潔感があると思いますし、むしろ脱毛するリスクのほうが大きいと思います。

ただ、これはあくまで私個人の考え方なので、「いや、デリケートゾーンに毛があるのは全く考えられない!」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合でも慎重すぎるくらい慎重にいきましょう。どうしてもVIOや顔の脱毛を考える場合、高いお金はかかりますが、脱毛エステサロンに通うのも1つの方法かもしれませんね。

他にも気をつけたいこと

使用上の注意の中で

  • 本品を使用する前に目立たない部分で必ずテストし、お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。お肌に異常があらわれた場合、またはお肌に合わないときは使用しないでください。
  • 生理日の前後、産前産後及び病中病後の方は使用しないでください。
  • 塗布後の放置時間については個人差がありますが、放置時間が長すぎると、皮膚に炎症を及ぼす恐れがありますのでご注意ください。

とあります。

VIOや顔以外、ワキや腕といった部分の通常使用時でも、まずはヌークミルクローションが自分の肌に合うのか確かめてから使うとリスクを下げることができると思います。

ヌークミルクローション,VIO,効果,脱毛,除毛,副作用,危険

パッチテストともいいますが、腕の裏側など目立たない部分に少し吹きかけ、赤い発疹や強いかゆみの問題が起こらないかチェックします。

それで異常がない場合は、通常通り使用します。

もちろんテストをしたから今後も絶対に安心、ということはないので、肌に異常があらわれたりした場合は使用を控えましょう。

他にも「生理日の前後、産前産後及び病中病後」といった場合は体調的にも不安定な時期です。

何か問題が起こった時にすぐ対応できない可能性もあるので、これらのケースに当てはまる場合はしばらく「我慢」したいところですね。

※その他の副作用の危険の有無、ヌークミルクローションの口コミや効果についてはコチラで書いています。

今回のまとめ

デリケートゾーンの脱毛は人に言いにくいことですし、その分悩む人も多いです。なにがなんでも今すぐ脱毛したい!といったお気持ちも分かりますが、リスクがないわけではありません。

たまに「リスクはありません、デリケートゾーンの脱毛も100%可能」といった広告を見かけることがありますが、ありえません。デリケートゾーンや顔の脱毛をしたい場合はそれ専用の商品を使うなど「住み分け」をしましょう。

自分の肌や健康を犠牲にしてまで脱毛する必要性はないと思いますので、慎重に考えたいところです。

ヌークミルクローション デリケートゾーン 顔 腕 背中

▲▲▲
クリックして詳細を見る

 - 美容・健康