どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

デリーモは顔の髭やVIOのデリケートゾーンにも使える?リスクは?

   

スプレーするだけで脱毛できるとSNSなどで話題のデリーモ。VIOや顔の髭などデリケートゾーンにも使えるのでしょうか。敏感な場所で不安になることも多いですが、実際のところどうなのか、リスクはないの?などを調べてみました。

デリケートゾーンにも使える?

デリーモはスプレータイプの脱毛商品で、基本的には全身に使えるといわれています。

確かにワキや足などのムダ毛が気になると、その部分にスプレーすればいいですが、なかには顔の髭やムダ毛、VIOのデリケートゾーンをなんとかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

スプレーして脱毛できればいいですが、顔やVIOはデリケートな部分で、むしろスプレーして

  • 赤い発疹ができたらどうしよう
  • かぶれたらどうしよう
  • 症状が悪化したらどうしよう

などとワキや足に比べてどうなるか不安で怖いと思う方も多いと思います。

デリーモ VIO 顔 髭 デリケートゾーン

デリーモには様々な成分が含まれていますが、その中に「アロエエキス」というものがあります。

これはアロエの葉や葉汁を乾燥させたものから得られるエキスで、皮膚の損傷の治癒効果があるといわれていて、保湿効果や消炎効果があり、肌荒れを防止するためにデリーモ以外の化粧品でも広く使用されています。

肌にやさしい成分ということで、原則としてデリケートゾーンにも使えるといえるでしょう。

ちょっといきなりデリケートゾーンのケアに挑戦するのは怖いな、という場合は、デリケートゾーン以外の部分の脱毛をしてみるなど、「慣らし」をして様子を見てから「本番」に進んでもいいかもしれません。

顔の髭やVIOも大丈夫なのか

デリケートゾーンの中でも顔の髭やムダ毛、VIOゾーンの「処理」は気になる人も多いかもしれません。

VIOゾーンはデリケートゾーンの中でも特にデリケートなので、念のため慎重にお願いします。

脱毛したい部分にスプレーしますが、スプレーをしすぎた、余計な部分に吹きかけてしまったなどの「アクシデント」があってもすぐに対応できるよう、お風呂の中などでしたいところです。

余計な部分に吹きかけてしまうなどのトラブル、アクシデントを防ぐためにも、脱毛したい部分に出来る限り近づけてゆっくり吹きかけるなどの工夫をお願いします。

VIOの中でも「水着や下着で隠す特に大事な部分」「粘膜のある部分」は自分の手で防御するなど、スプレーの液体がかからないように注意します。

これは個人的な意見ですが、「水着や下着で隠す特に大事な部分」「粘膜のある部分」のアンダーヘアは特に剛毛という場合をのぞいて、気にしすぎる必要はないかなと思います。

脱毛といえば、ところかまわず「毛をなくす」といったイメージがあるかもしれませんが、なかには身体を守るために必要な毛も存在します。

デリーモ 脱毛 デリケートゾーン リスク

きれいで整っていてケアできていれば、むしろ自然で清潔感があると思いますし、脱毛するリスクのほうが大きいと思います。

口コミは?リスクもある?

実際にデリーモをデリケートゾーンに使った人はどうだったのでしょうか。一部を紹介します。

デリケートゾーンにつける時はけっこうドキドキしたのですが、洗い流すとヒリヒリ痛くなったり、赤くなることはありませんでした。・・・デリケートゾーンを自分でうまく自己処理することができないなら、脱毛エステに行くしかないかなと思っていたんです。でも行く必要がなくなり良かったです。

・・・

ワキやVラインに使うのは最初抵抗がありました。でも使ってみると刺激も感じないし、ニオイもキツくないのですごくいい感じ!いままではシェーバーで剃ってたんですが、今はデリーモのおかげでお肌も傷つけなくてキレイに除毛できています。

これはデリケートゾーンに限った話ではありませんが、リスクが全くないわけではありません。無責任な表現に聞こえてしまうかもしれませんが「自己責任」の部分も大きいです。

スプレーして「何かおかしいな」「かゆいな」などと異常を感じたら、すぐに使用をストップしてお風呂で洗い流し、それでも改善しない場合は、お医者さんに相談してください。

デリケートゾーンの脱毛をする場合、そもそも「デリケートゾーンに他の問題がない」ことが大切です。

デリーモを使用する前から、赤い発疹が出ている、性感染症などの病気で病院に通っているといった場合は、さらに悪化するおそれもありますし、使用せず、まずはお医者さんに診てもらいましょう。

今回のまとめ

デリケートゾーンの脱毛は人に言いにくいことでもありますし、その分悩む人も多いです。デリーモを使えばエステサロンなどで他人に見られる心配はなく、自宅などでコッソリ処理することができます。

ただ、リスクがないわけではありません。

たまに「リスクはありません、デリケートゾーンの脱毛も100%可能」といった広告を見かけることがありますが、ありえません。

たとえどんなに画期的で素晴らしい商品だとしても、人には個人差があります。

例えばVIOの中で、V(ビキニゾーン)の「外側」部分のみにして、IやOなど、「水着や下着で隠す特に大事な部分」「粘膜のある部分」は気になっても深入りしないなどの「線引き」をしてもいいかもしれませんね。

自分の肌や健康を犠牲にしてまで脱毛する必要性はないと思いますので、慎重に使用しましょう。

デリーモ

▲▲▲
クリックして詳細を見る

 - 美容・健康