どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

隅田川花火大会の穴場や混雑を避ける方法!テロ対策で交通規制も?

   

夏の風物詩と言えば花火。国内には数多くの花火大会がありますが、東京で花火と言えばやっぱり隅田川花火大会ではないでしょうか。

今回は2016年の時間や穴場、混雑を避ける方法のほか、テロなどの対策で交通規制が厳しい?など気になる情報を調べました。

スポンサードリンク

2016年の時間は?

毎年7月最後の土曜日に開催される隅田川花火大会。浅草エリアに浴衣姿の人々が溢れ、夏を楽しむ一大イベントになっています。

2016年は7月30日の土曜日、午後7時5分から打ち上げが開始されるようです。

打ち上げ場所は2ヶ所あり合計で約2万発もの花火が上がります。

隅田川花火大会 2016 時間

もしも悪天候の場合、例年であれば翌日の日曜日に延期されるのですが、7月31日は東京都知事選挙が実施されるということを考慮し、今年の順延はされないそうです。

なんでも95万人もの人が集まる隅田川花火大会は、通常であってもすごい混雑なんですよね。都知事選が絡んできてしまうと観客のみなさんの安全確保が難しいと実行委員会が判断したようです。

30日の土曜日に開催されなければ今年は中止となりますので、お出かけの予定の方はご注意くださいね。当日はお天気に恵まれますように!

穴場は?混雑を避ける方法

花火大会、せっかく行くならきれいに観たい、混雑を避けたい、というのはみなさんの本音ではないでしょうか。

ただ、隅田川花火大会は都心で行われる花火大会のため、観覧席を設けようにも限界があります。

なので”歩きながら”の観賞が勧められているんです。

有料席もありますが4月から販売され始め、今からでは買い求めることはできません。

そうは言っても花火を観るのにいくつか穴場はあるのでご紹介しますね。

隅田川花火大会 2016 穴場 空いている場所

まずは、水戸街道。こちらは第一、第二両会場の花火を観ることができる場所で、夕方からは歩行者解放区域ができるのでオススメです。

銅像堀公園は周囲に高い建物も無く、比較的ゆったりと観ることができるので穴場ですね。場所取りする余裕があるなら、少し離れた汐入公園内の土手まで行ってみるのも良いかもしれません。

こちらも少し離れますが、タワーホール船堀の展望塔からは小さ目ながらも両会場の花火を観ることができます。しかも、展望塔への入場料は無料なのも嬉しいですね。

スポンサードリンク

そして見落としがちなのが浅草寺です。こちらももちろん多少の混雑はありますが、ほとんどの人は隅田川方向へと向かっていくので灯台下暗し的な穴場になっています。

オリンピック隅田文花店屋上駐車場では立ち見ながらも原則、無制限で入れてもらえるようです。

荒川の土手は広々とのんびり観賞でき、帰りの電車の混雑も少なめだそうですよ。

テロなどの対策で交通規制が強化?

都心での大イベントなので、交通規制を免れることはできません。

車での移動は時間も読めないので絶対に避けた方が良さそうです。

電車もはっきり言って混雑します。

特に帰りは駅までの道のり、電車に乗るまでの待ち時間、どこもかしこも人だらけという状況になるでしょう。

隅田川花火大会 混雑 避ける 方法 2016

花火が終わる20時半から1時間くらいは混雑のピークになります。

大人のグループは最寄りの駅ではなく乗換えの駅まで歩く、もしくは飲食店などに寄って時間をずらしてから帰るのが良いでしょう。

お子さま連れは最後まで観ないで途中で帰る、これが混雑を避ける方法としては一番と言えそうです。

お子さまは大人にくらべてトイレや疲れ、我慢することが難しいです。暑さからいつも以上に疲れてしまうこともあるでしょう。

混雑を避けられれば、迷子の心配も減りますので無理せず途中で切り上げる決断も大事です。

2016年はフランスなどで起こったテロ事件を受け、重武装テロに対する緊急時初動対応部隊が配備されることになったようです。

隅田川花火大会 交通規制 テロ 心配

テロの予告があったわけでは無いようですが、たくさんの人が集まる場所はテロが起こりやすいと言える時代になってしまいました。

みなさんが安心して隅田川花火大会を楽しめるように警備の方への協力、他の観覧者さんへの配慮などを心がけ、マナーを守って楽しみたいですね。

スポンサードリンク

 - 未分類