どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

鳥越俊太郎は反日で家系図も嘘?認知症や癌の噂で都知事選へ影響も?

      2016/07/17

舛添前都知事の辞任で都知事選挙が実施され、小池百合子さん、増田寛也さん、鳥越俊太郎さんの3人が立候補。今回はこの中の鳥越さんにスポットを当てます。

反日で家系図や都知事選の会見も嘘?認知症の噂やガンなどの病気は大丈夫?健康面や女性問題などの心配は?など、調べてみました。

スポンサードリンク

反日で韓国や中国との距離が近すぎる?

「究極の後出しじゃんけん」と言われた、今回の鳥越俊太郎さんの出馬。タレントの石田純一さんが出馬を断念した翌日、告示2日前に出馬を表明した鳥越さんには本当に驚かされましたよね。

会見では「前日に決めた」と言っていましたが、一見唐突に見える反面、あまりにも事がうまく運びすぎている感が否めません。

鳥越俊太郎さんは長くジャーナリストとして活躍し、事件に深く切り込むことも多いです。

そんな鳥越さんですが、実は一部で「反日」という噂があるのです。

鳥越俊太郎 反日 韓国 中国

なぜそんな噂が出てきたのでしょうか。

例えば、中国との間で問題になっている「尖閣諸島」に関する発言。鳥越さんは過去にこう発言してます。

「尖閣を中国が攻めてきたら、くれてやればいい。戦争して死人が出る方が問題。あそこは無人島だから、戦争しないのが一番」

確かに戦争は避けるべきですが、そういう問題ではないでしょ…視点がちょっとズレていますよね。

さらに、中国ついては…

「中国と日本は隣同士で引っ越せないから仲良くするしかない。中国には外に向けて強い意志を示さなければならない事情がある。日本がいちいち過剰に反応すべきではない」

と語っています。

そして、舛添前都知事が提案した「韓国学校増設問題」。

増設するにあたり都有地を貸し出すといった案は、都知事を辞任したことにより宙に浮いてしまいました。

このことを問われた候補者の小池百合子さんや増田寛也さんは、白紙にすることを表明しましたが、鳥越さんは「具体的に知りません。明確な答えを持ち併せておりません」と答えています。

この発言がさらに反日というイメージを持たれてしまう要因のようです。

こういう言い方は大変失礼とは思いますが「どこの国の人ですか」「ここは日本ですよ」などと突っ込まれても不思議ではないですね。

家系図も嘘だらけ?

さらに、鳥越さんには「家系図は嘘?」という疑惑が持たれているのです。そのきっかけとなったのは、NHKの「ファミリーヒストリー」という番組。

番組のコンセプトは、各界で活躍する著名人のルーツを探るというもので、本人も知らなかった事実が次々と出てきます。この番組に鳥越さんが出演したのは、2015年7月。

鳥越俊太郎 家系図 嘘

2016年になり、なんとその時紹介された「家系図」が実はデタラメだったと週刊新潮が報じたのです。

番組の中で、鳥越さんの祖先は「戦国大名 大友宗麟の家臣 鳥越興膳」と紹介されていました。ただし放送後、鳥越家18代目当主にあたる鳥越光さんという方が「鳥越興膳」は自分の祖先だとNHKに抗議したというのです。

鳥越光さんいわく「鳥越俊太郎さんは、家が近所で苗字が同じというだけで、血縁関係はない」とのこと。

結局抗議したものの、NHKからはこれといった訂正もなく再放送もされなかったのだそうです。

鳥越俊太郎さんがこのまま反論しないはずもなく、2016年2月の朝日新聞で鳥越興膳は祖先だと語っています。さらに新潮の取材に対しても「家系図には関与していない。放送内容に問題はない」と答えています。

これはどうなのでしょうね〜、どちらかが嘘を言ってるとは思いますが…。

スポンサードリンク

だけど、もしも鳥越俊太郎さんの言い分が本当なら、鳥越さんの性格上自分の祖先に対してもっとリサーチすると思います。

普通、テレビで放送して「違う」と疑われたら「冗談じゃない」と躍起になって、独自で徹底的に調べるのでは?あくまでそれが事実だとしたらという前提ですが…。

ガンなどの健康面は大丈夫?認知症の噂も?

鳥越俊太郎さんの出馬会見を見た時、とても76歳には見えなくて本当に若いと思いました。本人も「友人に’76にはとても見えない’と言われる」とまんざらでもない様子でしたよね。

鳥越俊太郎 都知事 会見 病気

今76歳なら、4年後の東京五輪の時には80歳です。

鳥越さんは会見で「私の残りの人生の何分の1かを使って、東京都のために全力を注ぎたい」と語っていました。

さらに「残り時間はそんなにあるわけない」と語った鳥越さん、この言葉にはもちろん80近い年齢もあると思いますが、やっぱり自身が患った病気が関係しているのだと思います。

鳥越さんは2005年に直腸癌になり、2年後の2007年には肺に転移している事を明かしています。さらにその2年後、今度は肝臓に転移してこれまでに4度の手術を受けています。

鳥越さんが都知事になって心配されるのが、この体調面ですよね。

鳥越さん自身は「今が一番体調がいい」と話していますが、実際はどうなのでしょうね。仮に都知事になった場合、激務になることが予想されますし、健康面のリスクは心配です。

さらに、鳥越さんについてはもうひとつ心配ごとが…。

それは、なんと認知症が疑われているのです。先日の出馬会見で、言い間違いが多かったことから「もしかして呆けた?」なんて声も…。

印象的だったのは、東京の出生率について。

会見では始め「出生率は1.4」と話していましたが、事務方の指摘を受けて「東京の出生率は1.17で全国最低」といい直しています。

さらには「私は昭和15年生まれです。終戦の時は20歳でした。空襲も覚えているし、防空壕に逃げ込んだことも覚えている」と語りました。

だけど終戦は昭和20年、鳥越さんはその時20歳ではなく5歳のはずです。

その一方で「昭和21年に小学校に入学」ときちんと答えたりしていて、聞いているほうは「?」ですよね。

こういうことから、認知症では?という憶測を呼んでしまっているようです。

そして、話題になっているのは共同記者会見での鳥越さんです。

有力視される候補が都政課題に対する考えを表明するにあたり、それぞれフリップに書いて発表という時、その文字を見て多くの人が驚いたと思います。

鳥越さんの文字はかなり乱れていて、震える手で書いた印象で明らかに他の候補者とは違っていました。

鳥越俊太郎 女性問題 認知症 真相

ネットでは「鳥越おじいちゃんの字やばすぎだろ」「鳥越さんの字が酷い…大丈夫かいな」「あんな線が安定しない字を書いてるってことは、アルツハイマーなのでは?」など、認知症を疑う声が多く上がりました。

何より驚いたのが、鳥越さんが書いた都政課題の内容…それは「がん検診率100%]」。

確かに自身もがんを患い、健康は人間にとって一番大事だっていうこともよくわかります。

だけど、あまりにもピンポイントすぎて「う〜ん、そこじゃないんだよな〜」「他にもあるはず」などというなんとも歯がゆい気持ちになります。

今回のまとめ

鳥越俊太郎さんについては過去に女性問題もあったとも言われています。実は、鳥越さんは2007年に一度出馬要請があったようですが、その時はがんを理由に辞退したそう。

だけど、実際はそれが理由ではなく、鳥越さんに女性問題があり当時の民主党からNGが出たのだとか…。

もしも鳥越さんが都知事に当選したら、あの文春砲を受けるのでしょうか。そして辞任?のスタンダードコース…。

今回はあくまで都知事選なので、決めるのは都民です。都知事選全体の行方も含めて、今後も気になります。

スポンサードリンク

 - 政治・ニュース