どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

小保方晴子は正しかった?現在の写真や黒幕がヤバイ?真相や今後は?

      2016/05/30

小保方晴子さんが涙を流しながらの会見を行ったのは2年前。

何とも後味の悪い会見でしたが、そんな彼女が婦人公論にて瀬戸内寂聴さんと対談をされて話題になっています。

小保方さんの現在は?STAP細胞騒動の黒幕と真相は?

小保方さんは正しかった?今後はどうなる?などをまとめてみました。

スポンサードリンク

小保方さんの現在は?

小保方さんと言えば、2014年にSTAP細胞の研究を発表し、一躍、時の人となりました。研究者らしからぬ清楚で可愛らしい雰囲気、その美しさにも注目が集まり、”リケジョの星”とメディアでも持てはやされました。

しかしその後、研究に不正があったのではないかと調査が入り、最終的にはネイチャーによる論文の撤回、小保方さん自身が不正事件の中心人物との見方から徹底的に叩かれ、処分され、うつ病を患ってしまうなど、散々な幕引きとなったのでした。

小保方晴子 正しかった STAP細胞

そんな小保方さんが、2年ぶりに「公の場に」姿を見せました。婦人公論の企画で瀬戸内寂聴さんとの対談が行われ話題を呼んでいます。写真にうつる小保方さんは、膝上のミニワンピースなど彼女らしさはあるものの、目につくのは彼女の激痩せっぷりです。

世間の評判としては「よくまたメディアに出られたな」「理解できない」との否定的な意見が多いようですが、個人的にはこの痩せ方を見ると、本当に辛い2年間だったんだろうなと思ってしまいます。

小保方晴子 現在 婦人公論

元々、優秀な人だったでしょうし、意気揚々と研究結果を発表され、もしかしたらノーベル賞級の発見かもというところから、地の底の底まで落とされてしまったわけですから無理もありません。

小保方晴子 現在 激やせ 写真 画像

ですが、一人の人間としての気持ちを考えると、苦しみ抜いた2年間からようやく抜け出せる一歩を踏み出したのかなと感じます。

STAP細胞の騒動の黒幕と真相は?

そもそもSTAP細胞はあるのか、無いのか。一般人にはよくわからないような分野ですが、今のところ表向きは、結局無かったと結論づけた形になってますよね。小保方さんは2016年1月に騒動に触れた手記を発表しています。そして3月にはSTAP細胞の作成手順などをまとめたサイトを発表。

小保方晴子 STAP細胞 アメリカ ハーバード

手記の中ではご自身は嵌められた立場であり、論文の共著者である山梨大学教授の若山照彦氏に途中で手のひらを返されたと記しているようです。小保方さんは、はっきりと若山教授が黒幕だったと告白されてるんですよね。

スポンサードリンク

もちろん小保方さんの手記がすべて正しいと断定することはできません。ただ、この騒動に関しては若山教授側もはっきりしていないですし、

研究発表の記者会見に同席されていた笹井芳樹氏の自殺もあって本当の真相は明るみにならないですよね。小保方さんが人間不信に陥るのは当たり前のような気もします。

小保方さんは正しかった?今後はどうなる?

ここにきて、STAP細胞について動きが出ています。実は、小保方さんが正しかったのではないかと言われ始めているんです。

2015年末にアメリカのテキサス医科大学研究者グループがSTAP現象についての論文を発表しました。こちらに関してはデマだの勘違いだなどの話もありますが、どちらにしろ興味深い研究材料には間違いないってことですよね。

かと思えばつい先日はドイツの名門、ハイデルベルク大学の研究者グループもSTAP関連の論文を発表しています。今後小保方さんの研究が正しかったと裏付ける証拠にもなってきそうです。

小保方晴子 STAP細胞 黒幕 真相

日本ではすでにSTAP細胞は無かった、小保方さんが不正をしたと結論づけてしまっていますが、驚くことにハーバード大学がSTAP細胞作成方法に関する特許出願を世界各国でしているというのです。

完全に裏をかかれた形になってしまいましたね。

これはあくまで個人的な憶測も含みますが、「外国などをはじめとする既得権層の妨害を受けた」「日本の若手研究者に先を越されるのは困るので、マスコミや理研なども巻き込んで徹底的に『嘘』だと叩きこみ、その後、表向き自分たちが発見したように見せる」といった可能性もゼロではないのでは?と思ってしまいます。

STAP細胞そのものは、これからの医療の発展が期待されますが、そのなかで人間の利権や欲望などが、まるでドラマや映画のようなドロドロ劇が裏で展開されているかもしれないと思うと複雑ですね。仮に小保方さんの研究が全て正しかったとしたら、徹底的に叩いたマスコミ等はどうするのかな・・

本当か嘘か、小保方さんの話では海外から研究のオファーが来ているとのことなのです。今後、彼女も一研究者として再出発する日が来るのかもしれません。これからも小保方さんの動向に注目です。

スポンサードリンク

 - 政治・ニュース