どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

ポケモンGOの海外の事件や事故がヤバイ?セレブも人気で日本は?

   

現在、爆発的人気となっているポケモンGO。日本は一歩出遅れた感じになっていますが、マクドナルドと提携して配信するとの情報も。今回はポケモンGOにより起きている弊害、事故や事件についてリサーチしました。さらに、海外セレブにも人気という噂についても検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

海外の事件や事故がヤバイ?

ポケモンGOは楽しいだけではなく、その弊害も問題になっています。

ポケモンを捕まえることに夢中になりすぎて、知らないうちに侵入禁止場所や私有地への不法侵入といった事件が起きています。

アメリカでは15歳の少女が車道に出て車に轢かれたり、男性が車を運転中にプレイして、木に激突したりと事故が後を絶たないようです。

これを受けて、ニューヨーク州オーバーン市警では、公式サイトで異例の警告もしています。

ポケモンGO 事件 事故 事例

さらに、メリーランド州のボルティモアでは、やはり車の運転中にプレイしていた若者が、停車中のパトカーに追突するという事故を起こしています。

幸い、巡回中の警察官は車から降りて歩道にいたため無事だったそうです。

事故に遭うのはとても怖いのですが、アメリカではとんでもない事に遭遇した女性がいました。

その事件の主人公は、アメリカワイオミング州リバートンに住む19歳の女性。

女性はポケモンGOのプレイ中、ポケモンを探しに自然の水源の近くのフェンスを乗り越え、川に向かって歩いていたそう。その時、水の中に何かがある事に気づきよく見てみると、なんとそれは成人男性の遺体だったそうです。

さらに、事故は事故でも放送事故と言われるものも…。

アメリカのニュース番組内の天気予報のコーナーで、天気予報を伝える男性を映すカメラの前を、堂々と横切る女性。うつむいきながら登場した手にはスマホが…。

なんと、生放送中にポケモンG0をプレイしていて、カメラに映り込んでしまったのだとか…。

さすがアメリカ!と思ったのは、突然乱入されたにもかかわらず、男性キャスターは「ポケモンやってるの?」と爆笑し、視聴者に対して「みなさんも気をつけましょう」と通意喚起したこと。

これが全て演出だとしたらすごいですが、女性自身も「中毒だ」と認めたそうでどうやら本当のハプニングだったようですwww

ポケモンGOの事件や事故が多発で禁止も?海外の人気で日本は?

セレブにも人気で日本はどうなる?

アメリカなど、今数カ国でブームになっている、ポケモンGO。

それはセレブの間でも例外ではないようです。

その様子がわかるのは、海外セレブのジョー・ジョイナスさんやジョン・メイヤーさんなどがツイッターにあげている写真やコメント。

スポンサードリンク

ジョー・ジョイナスさんは、ポケモンを捕まえるためならどんな苦労も惜しまないと宣言し、ジョン・メイヤーさんはポケコインを99.99ドル、約1万円で購入したことを告白しました。

その他多くのセレブが、夢中になっている様子が伝えられています。

さらにアメリカの一部メディアでは、なんとポケモンの実写映画が作られるとの噂も…。

ポケモンの実写版、個人的には見たくないような複雑な気持ちです。アニメやゲームのままにしておいてほしいですね。

ポケモンGOの海外の反応が凄い理由は?中国には脅威?人気の秘密

これだけ海外セレブに大人気なら、日本ではどうなるのでしょうか。

今はネットで世界中の情報が見られますから、ポケモンGOを楽しむ様子を見ると日本でも今か今かと待ち望んでいる人が多いのではないでしょうか。

ポケモンGO 日本 感想 評判

ここでひとつ気になる情報が…。

それは、なんとポケモンGOが「うつ病に効果的」というものです。

この情報はガセではなく、ポケモンGOの遊び方に理由があるようです。

ポケモンGOは、スマホの位置情報を活用して実際に外に出てポケモンを捕まえたり、他のプレイヤーとバトルできるゲーム。ポイントとなるには「外に出る」ということ。

うつ病というとどうしても家の中にこもりがちになりますが、うつ病を患っている患者がポケモンGOにハマり外に出るようになったというのです。

実際にプレイをしたうつ病の人の中には「医師の処方やセラピストの助言よりも、私のうつ病のいい薬になっている」「精神衛生上すごく効いている。ついに外に出る目的をくれた」などの感想があるのです。

日本でも年々うつ病の患者は増えていて、15人に1人の割合で経験していると言われています。

まさかうつ病に効果があるとは思いませんでしたが、もしかしたら近い将来治療の一環として活用される日がくるかもしれませんね。

今回のまとめ

日本では、今「歩きスマホ」が問題になっています。

駅のホームでスマホに気を取られ線路に落ちたり、ホームに進入してきた電車と接触したりと、いずれも軽傷で済んでいますが、一歩間違うと大事故につながりますよね。

ポケモンGOの配信でもっとも懸念されるのが、歩きスマホが助長されること。

歩きスマホ自体は個人の行動の問題ですが、あまりにも事故が多いとアメリカのように警察が警告する可能性もあると思います。

さらに日本配信開始に伴い、すでにハッカーが「ポケモンGOにサーバー攻撃をしかけた」との犯行声明を出し、8月1日に再度「サーバーを24時間にわたりダウンさせる」と宣言しているのだとか。

まずは様々な問題をクリアにすることが優先のようですね。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能, ゲーム・アニメ, ポケモンGO