どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

林家木久扇にオネエの噂?認知症やあざも?島根に別荘がある?

   

笑点などでもお馴染みの林家木久扇さんですが、なんとオネエの噂があるのだとか。認知症や顔や手足のあざなども取り沙汰されているのだとか。

にわかに信じがたいですが、病気は大丈夫?島根に別荘を持っている?など、今回は木久扇師匠の気になる話題を調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

まずは、林家木久扇さんのプロフィールを簡単にご紹介します。

林家木久扇 笑点 オネエ 噂 真相

・本名:豊田 洋(とよた ひろし)
・生年月日:1937年10月19日(78歳)
・出身地:東京都中央区
・血液型:A型

プロフィールを見て、まず木久扇さんが78歳だったことにびっくりしました。歌丸さんとは1歳しか違わないんですよね。

笑点は子供の頃から見ていて、自分も歳を取っているのでもちろん出演者も同じだけ歳を取るのですが、木久扇は永遠に60代というイメージです。

その点歌丸さんは、年相応といった感じですよねww。木久扇さんが、笑点のレギュラーとして初出演したのは1969年11月からで、歌丸さんの次に出演歴が長いのだそうです。

オネエの噂?真相は?

木久扇さんのイメージといえば「おバカキャラ」ですよね(苦笑)。あの「いやん、ばかん〜」は、なんと1978年にレコード化されたそう。

レコードというのが時代を感じますが、その原曲はジャズの「セントルイス・ブルース」なのだそうです。2005年には振付師の真島茂樹さんが考案した「いやん、ばかん」の振り付けを披露しました。

林家木久扇 認知症 病気 あざ

木久扇さんには実はオネエ疑惑があるそうで、真島さんの名前が出てきたとき「もしや…?」と思ってしまいました。真島さんが一躍有名になったのは、俳優の松平健さんが2004年にリリースした「マツケンサンバII」の振り付けを担当した時からでした。

すぐにオネエキャラで注目されるようになり、真島さん本人は「バイセクシャル」であることを公言しています。真島さんは現在独身で、木久扇さんは1967年に結婚しています。

なぜここに来て、木久扇さんのゲイ疑惑が出てきたのか…

実は、数年前に43歳年下の男性から木久扇さんの相手をしたと暴露されていたのです。

さらに、ゲイが多くいることで知られる新宿2丁目で有名だった木久扇さんは、名古屋のサウナやラ●ホテルにも出没するという都市伝説まであるそうなのです。

そして一部では、木久扇さんがゲイに目覚めたきっかけは、サイドビジネスである「木久蔵ラーメン」で、ニューヨークへの出店を考え渡米したときに、ハードゲイに触発されたとも言われているのです。

スポンサードリンク

なにが本当で、なにが噂なのかはわかりませんが、先日の不倫で三遊亭円楽さんがスクープされたので、また新たなスキャンダルに、笑点のスタッフは戦々恐々としているのではないでしょうか。

認知症やあざも?島根に別荘がある?

テレビを見ている視聴者からは「木久扇師匠は病気?」「左腕に点滴のようなあざがある」と心配される一方、もうひとつ気になるのは「認知症」です。

その噂のきっかけとなったのが、5月16日放送の「しゃべくり007」。この番組では、くりーむしちゅーやネプチューンなど芸人さんとゲストがトークで盛り上がり、時にはゲストへの無茶振りも見所になっています。

この日の放送では、放送50周年を迎えた笑点のメンバーがゲストでした。その中のひとり、木久扇さんと上田さんのトークがかみ合っていないと話題になったのです。

林家木久扇 オネエ ゲイ 認知症

上田さんの「師匠はおいくつですか?」の問いに「僕は82です、ウソです」と答える木久扇さん。戸惑う上田さんの「分かりづらいボケやめてもらえませんか」のツッコミに「僕は昭和12年10月19日生まれ」と突然生年月日を言いだしました。

ここで、上田さんのキツイ一言…「何歳か聞いてんだよ!」。すぐに「79歳」と言い直しましたが「さっきのボケには何か理由がある?」と聞かれて「そんなに年寄りに見える?」となぜかトンチンカンな答えをして、「自分で言ったんでしょ」とみんなにツッコまれていました。

ここまで見ると「マジでボケちゃった?」と思ってしまいますが、どうやら事前にプロデューサーから「面白くしろ」と言われたとのこと。

最近の木久扇さんは歳のせいか少し呂律が回らないこともあるので、そういうのも「認知症」と思われてしまう要因になっているのかもしれませんね。

まぁ、木久扇さんはもともとボケてボケてボケ倒すというのが芸風で、それが魅力でもあるので、本当ボケているのか振りなのかその曖昧さも面白いのかもしれませんね。

そんな木久扇さんは、かなり親バカな一面を持っています。

なんでも、息子の木久蔵さんが子供のころに「うちには別荘ないの?」と言っているのを聞き、すぐに長野県に別荘を買ったのだそう。

それから数年経ち、今度は木久蔵さんの「カブトムシが沢山捕れる田舎がほしい」の鶴の一声で、今度は島根県の美都町に別荘を買ったそうです。

すごく息子に甘いお父さんですよね。

林家木久扇 島根 別荘

ちなみに美都町の道の駅では「喜久三ラーメン」を販売していて、そのへんはぬかりがないようです。

今回のまとめ

木久扇さんは、ああ見えてライバルは「先月の売り上げ」というほど「数字」に強いこだわりがあるそうです。

笑点でのおバカキャラも全部計算によるもので、あの歌丸さんからも「実は賢い」と言われています。

78歳にしてまだまだ未知数の木久扇さん。

歌丸さんの笑点出演50年の記録を是非塗り替えてほしいですね。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能