どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

モアナと伝説の海の歌や声優が凄すぎ?屋比久知奈や尾上松也の評判

      2017/07/21

ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」吹替版を映画館で観てきました。歌や歌詞、声優さんの演技などがすごいなと思いましたが、今回は屋比久知奈さんや尾上松也さんの評判、あらすじなどを紹介します。

スポンサードリンク

あらすじは?吹替えは誰?

※ここから先、映画本編のネタバレはできる限り少なくしていますが、内容によってはそれを匂わせるものも含まれているため、今後映画を観る予定の方や、ネタバレは絶対にやめてほしい!という場合は、特にご注意ください。

・・・

・・・

・・・

島の首長の娘、モアナは、海を渡って航海を夢見る少女。遥か昔、半神マウイが大地の女神テフィティのハートを奪ったため、火の魔物テカの怒りを買い、そのハートは海に沈んでしまいます。その怒りは海を越え、島々は闇で覆われモアナの住む島にも忍び寄ります。ハートを手にしたモアナは、島を救うため、マウイを探す航海に出るのです。テフィティにハートを返し、平和な海を取り戻すことが出来るのでしょうか。

引用元:http://eiga-watch.com/moana/

日本語吹き替え版は屋比久知奈さん、尾上松也さん、夏木マリさんらが担当されています。

歌や声優がすごい?

ネット上では映画の公開前から様々な情報が流れていたようですが、私は全く「予習」していませんでした。というよりも、最初はこの映画を観に行く予定がなかったのです。

ただし、ある時、「もうすぐモアナっていうディズニーのアニメを映画やるらしいし一緒に観に行こうよ」と友人に誘われたことがきっかけで、初めて興味を持ちました。

普段海外の映画をみるとき、ほぼ100%字幕版をみる(というより吹替えを受け付けないw)のですが、今回はアニメということもあり吹替版を選択。

アナと雪の女王を吹替版で観て良かったことも関係していると思います。

ヒロインの声を屋比久知奈さん、マウイを歌舞伎俳優の尾上松也さん、ヒロインのおばあちゃんの声を夏木マリさんが担当されていると知ったのは映画をみてからです・・・

モアナと伝説の海 歌だれ 歌詞 声優

引用元:http://natalie.mu/eiga/news/217146

内容ももちろん素晴らしいと思いましたが、それ以上に声優さんの歌声がすごかった。

ヒロインの屋比久知奈さんの声が純粋に透き通る感じで、こんなにきれいとは・・などと勝手に感動してしまって鳥肌たちましたね。アナ雪の神田沙也加さんを思い出しました。

劇中にはマウイの歌もあって、尾上松也さんのパートがあります。

スポンサードリンク

このような言い方をするとご本人に大変失礼ですが、「松也さん、意外に歌が上手いのでは?」と正直観ながら思ってしまいました(苦笑)

歌舞伎俳優を本業でされている方なので、ジャンルは違っても演技力や歌唱力を子どもの頃から鍛えられていると思うので、上手くても不思議ではないと思いますが、ちょっと驚きましたねww

ヒロインのおばあちゃん役の夏木マリさんも歌が上手く、いままでと変わらず存在感がありました。

映画の吹替えでは、個人的にジブリの「千と千尋の神隠し」の湯婆婆(銭婆)の役や「プラダを着た悪魔」のミランダ役(メリル・ストリープさん)が印象的ですが、今回の役もハマっていました。

ジブリやディズニー作品には欠かせない人ですね。

屋比久知奈や尾上松也の評判

モアナと伝説の海のヒロイン、モアナ役の吹替えに抜擢された屋比久知奈さんは、なんと沖縄県の現役の大学生とのこと。名字が沖縄っぽいなとは思っていましたが、琉球大学に通っているみたいです。

モアナ役のオーディションはディズニーヒロイン史上最大級の規模で実施されたとのことで、それを経て抜擢されたことはすごいですが、本格的なオーディションを受けたのは今回が初めてのようです。

屋比久知奈 モアナ 評判 評価 声優

引用元:http://www.victormusicarts.jp/yabikutomona_pro/

女優さんや声優さんは作品を獲得するために日々様々なオーディションを受けているといいますし、どんなに有名な方でも落ちまくることは珍しくないなかで、チャンスをつかむのは簡単ではないと思います。

4歳からバレエを習い「歌や踊りが大好きだった」という屋比久さん。沖縄・琉球大学在学中に、学内で上演する英語劇に出演したことをきっかけに、沖縄や東京でミュージカルの舞台に立つことに。昨年5月に帝国劇場で開催された「ミュージカルのど自慢」で最優秀賞を受賞した。その年の夏に現在の事務所に所属すると、すぐさま本作のオーディションが舞い込んだ。「自分にそんなチャンスが訪れること自体、正直驚きでした」(屋比久さん)

引用元:http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/03/47538.html

モアナ役に抜擢された理由は

選考にあたったディズニーの担当者は「モアナは冒険を通して成長し、体現する演技力、16歳のフレッシュさ、さらに心情を伝えられる歌唱力も必要という非常に難しい役。日本のモアナと呼べる人こそ屋比久知奈さんでした」と抜擢の理由を説明。

引用元:http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/03/47538.html

一方のマウイ役の尾上松也さん。

劇中のマウイがムキムキマッチョということもあり、「えっ?なんで?」と思ったのは正直なところです。ネット上をみても、同じような意見がありましたww

ただ、個人的には歌やセリフも特に違和感はありませんでした。

キャラクターの外見と尾上松也さんの外見の差に違和感があるのは否定できないですが、そのあたりはディズニーの担当者さんのみぞ知るといったところでしょうか。

今回のまとめ

アナ雪で神田沙也加さんや松たか子さんが注目されてブレイクしたように、屋比久知奈さんも今後ブレイクする可能性は高いと思われます。

モアナと伝説の海 屋比久知奈 尾上松也 吹替 歌

引用元:http://natalie.mu/eiga/news/217146

声も素晴らしいですが、このまま日本で舞台化したとしても「リアル・モアナ」として演じても不思議ではないかもしれません。マウイはちょっと体型的に厳しいかなw

この春、大学を卒業し、東京に活動拠点を置く予定だといい「目指しているのはミュージカルの世界ですが、今回モアナを演じた経験を通して、より広い意味で、皆さんの心に何かを残せるような表現者になることが大きな目標になりました」と決意を新たにする。TOEIC915点を誇り、英語も堪能なだけに海外進出も視野に入れる。「日々勉強です」と瞳を輝かせる屋比久さんの目の前には、夢という名の大海原が“どこまでも”広がっている。

引用元:http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/03/47538.html

本格的に演技の勉強や仕事を始められるようですし、ミュージカルを中心に進むとなれば「第二の神田沙也加さん」になる可能性はありますね。今後の活躍も楽しみです。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能