どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

小松菜奈のぼく明日の衣装や髪型が可愛い!高寿と愛美の運命に号泣

      2017/05/09

福士蒼汰さんと小松菜奈さんが主演の「ぼく明日」を映画館で観てきました。衣装や髪型、メイクも可愛いですね。南山高寿と福寿愛美の運命や内容など、ネタバレ要素を含めてまとめてみました。

スポンサードリンク

『ぼく明日』を観てきました

普段、最近は芸能界や美容の話題を中心に書いているのですが、たまには日常的な話題も入れてみようと思います。

福士蒼汰さんと小松菜奈さんが出演して話題になった「ぼく明日」こと「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を映画館に行って観てきました。

以前、本屋さんで買った原作を家で読んで号泣。

小説読んで号泣なんて、最近はほとんどなかったこともあり、この内容を実写化したらどうなったのか興味がありました。

行こうと思っていながら先延ばしになってしまい、なんとか打ち切り寸前に滑り込みセーフww

原作をあらかじめ読んで内容は把握していましたが、ヒロインの福寿愛美からの視点など、原作にはない描写もあり、結論からいえば良かったです。

失礼ながら今まで小松菜奈さんのことはあまり知らなかったのですが、彼女のファンになっちゃいそうですww

小松菜奈の衣装が可愛い?

小松菜奈さん演じる福寿愛美は、男性が見たら「理想の女の子」なのかな〜といった印象を受けました。

小松菜奈 ぼく明日 可愛い カメラ

小松さんもインタビューで「愛美は、男性から見た理想の女性像のようなところがあって」などと評価されています。

衣装もフワッとした感じで、かわいくマフラーを巻いたり、スカートやワンピースを着たり。普段の自分とは全然違う服装なので新鮮でしたね。

引用:http://www.oricon.co.jp/special/49613/

髪型やメイクも話題に?

劇中の2人の髪型やメイクも話題になっているようですね。

例えば髪型は、

主演の福士蒼汰さん演じる南山高寿はショートヘア。落ち着いた可愛らしい大学生って感じの髪型です⇐(かなり適当なコメントですみませんww)

南山高寿 福寿愛美 ぼく明日 ハッピーエンド 意味

ヒロインの小松菜奈さん演じる福寿愛美はワンレングスヘア。こちらも清楚な可愛らしい女子大生って感じがします。

肩に当たる長さなのでハネないように厚みをつけて内巻きワンカールをつけてあげる事がポイントです

引用:http://www.secret-hair.com/hairstyle/hairstyletrend/entry10145.html

高寿と愛美の運命がせつなすぎる

ここから先は本編のネタバレ要素も含むので、まだ小説を読んでいない、これから映画館やDVDなどで観るから内容は知りたくないという方はご注意ください。

・・・

・・・

・・・

・・・

この作品のポイントは「2人の生きる(住む)世界の時間軸が違う」ということ。

スポンサードリンク

主人公の南山高寿の生きる世界は、現実世界の私たちが生きている(生活している)時間軸です。

この記事執筆時点は2017年2月22日ですが、2月23日、2月24日・・という順番に時間は流れていきます。

一方のヒロインの福寿愛美が本来生きている(生活している)時間軸は、簡単にいえば「現実世界の私たちの時間軸とは正反対」です。

愛美の世界の時間の単位や暦が具体的にどう表現されるのかは分かりませんが、私たちの世界の単位でいえば、2017年2月22日の次は2月21日、2月20日・・という順番で時間が流れていきます。

高寿が、

・・・⇒5歳⇒10歳⇒15歳⇒20歳⇒25歳⇒30歳⇒35歳・・・

愛美は、

・・・⇐35歳⇐30歳⇐25歳⇐20歳⇐15歳⇐10歳⇐5歳・・・

違う時間軸で生きる2人は自由に会えるわけではなく、5年に1回のみ。

しかも高寿から愛美の世界には行けず、愛美の世界からの一方通行のみということらしいです。

そして同じ世界にいられるのは30日間(映画の場合)のみ。

上の時間軸にもあるように、20歳のときに、ちょうど年齢が同じになります。

20歳の30日間が終わると、またそれぞれの世界で生き、今度会えるときは、私たちの時間軸でいうと「高寿は25歳、愛美は15歳」となってしまうわけです。

物語は基本的に「高寿の目線、時間の流れ」で進められますが、これを「愛美の目線、時間の流れ」で見てみると、本当に切なくなるというか、かわいそうになってきます。

高寿は電車の中で愛美に一目惚れをして、告白して恋人となり、途中で彼女の大きな秘密を知って葛藤しつつも、それを乗り越え、愛美と相思相愛でお互いを想いながら別れます。

ただし愛美の場合は、流れる時間軸が逆なので、高寿のようにはいきません。

最初に会った時が「恋人関係として最大のピーク」、それから少しずつ高寿の過去に戻っていきます。

まるでビデオの巻き戻しのような感じで、恋人として成長した高寿から、その前の状態の高寿へ、恋人から付き合う前の状態となり、最後は他人のように振る舞わなければなりません。

小松菜奈 ぼく明日 衣装 髪型 メイク

お互いの呼び方も、高寿は「福寿さん⇒愛美ちゃん⇒愛美」となりますが、愛美の場合は「高寿⇒高寿くん⇒南山くん」と他人行儀になっていかなければならないという厳しい定めを持っています。

「高寿にとっての最初」は「愛美にとっての最後」というわけです。

「彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる」といったキャッチフレーズがあり、最初に小説を読む前は「どういうことなのかな」と思いましたが、読み終えたときは「そういうことか」と納得しました。

高寿視点で読んでいて、2度目を愛美の視点で読むと・・・もう、なんともいえません。

映画の主題歌の意味とは?

実写映画の主題歌はback number「ハッピーエンド」です。

最初は「内容的に全然ハッピーエンドではないのに、なぜこの曲のタイトルなのか」と疑問に感じていましたが、そうではなかったようです。

ハッピーエンド=幸せな結末

ではなく、今回の場合は

ハッピーエンド=幸せの終わり

なのだとか。

そう考えると複雑ですね。


今回のまとめ

「ぼく明日」の詳しい内容は、ネット上を調べるとたくさんのネタバレサイトやブログがヒットするので、省略しますww

今回の映画では「生きる世界の時間軸」が違うため、30日間(映画の場合)しか一緒の空間にいられないという設定で、現実世界ではありえませんが、

「ぼく明日」から個人的に改めて考えさせられたのは、

「いま目の前にある日常生活は当たり前にあるものではない」ということでしょうか。

恋人や友人だけでなく、親や兄弟、仕事の仲間などと過ごしていると、良くも悪くも慣れは発生します。

「失って初めて気づくことが多い」とはよく聞きますが、普段ダラダラ過ごしてしまいがちなので、そのあたりは気をつけないといけないなと個人的に反省させられました。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能