どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

中谷美紀の現在の彼氏は誰?渡部篤郎とのその後や熱愛の真相

   

渡部篤郎さんとの交際が話題になっていた中谷美紀さんですが、その後新しい彼氏ができたようです。その男性とは誰なのか。女性セブンの真相や渡部篤郎さんとのその後など、気になる情報を調べてみました。

スポンサードリンク

現在の彼氏は?

「そういえば最近恋愛の話題がのぼらないな〜」と思っていたら、11月24日発売の女性セブンに久々に中谷さんに関する記事が掲載されました。

そのタイトルは「中谷美紀’彼の腰をギュッ!’密着デート…」と何やら意味深な感じ。

記事によると11月の中旬、東京西麻布で小雨の降る中、中谷さんが男性と肩を寄せ合って歩いていたのだとか。

中谷美紀 彼氏 現在 誰

二人は人目を気にせず、男性は中谷さんの肩に、中谷さんはそれに応えるように男性の腰に腕を回していたそうです。この光景からしてかなりの親密さが伺えますよね。

この男性は一体誰?と気になりますが、中谷さんと同年代くらいの外国人だったそうです。

2人が交わしていたのは終始英語で、信号待ちの時には雨に濡れないように、男性が包み込むように中谷さんを抱きしめていたそう。

中谷さんは語学が堪能で、英語はもとよりフランス語も流暢に話し、さらにはイタリア語も…。

記事には「まるで映画のワンシーンのよう…」とありました。

確かに、中谷さんと外国人男性が普通に話しているだけでも絵になるのに、小雨の中寄り添いながら英語で会話してるなんて、想像しただけでも素敵ですよね。

この男性が、今の中谷さんの本命の相手なのでしょうか。

渡部篤郎とのその後や熱愛の真相とは?

中谷さんの過去の恋人として思い出すのは、俳優の渡部篤郎さんですよね。

2人は、1999年に放送されたドラマ「ケイゾク」で共演し、親密な関係になったようです。そして、渡部さんとの交際が初めて報じられたのが、2003年のパリでの密会でした。

中谷美紀 渡部篤郎 その後 現在

この時、渡部さんはRIKACOさんと婚姻関係にあり、中谷さんとは「不倫」と報じられました。そして2005年、結婚生活11年で渡部さんとRIKACOさんは離婚。

不倫が発覚してからも2人の関係は続いていたようですが、その間に渡部さんが別の女性と噂になったり、2人の破局を報じられたこともありました。

スポンサードリンク

そんな中驚いたのが、2016年の7月に報じられた渡部さんの再婚。誰もが相手は中谷さんだと疑ってもみませんでしたが、なんと別の女性でした。

その女性は、バラエティ番組「ワンダフル」に出演していたワンギャルのメンバーのひとり、山本恵美さんです。

山本さんは、2003年に芸能界を引退し、渡部さんと結婚するまでクラブのホステスをしていたそうです。

この再婚報道に対しネットでは「中谷美紀と一緒になってほしかったなー」「中谷美紀と渡部篤郎の破局にはショックだ」「何故だかとても切ない。なぜだか…」といった惜しむ声が多くありました。

中谷さんも、渡部さんとの結婚を望んでいたようですが、一方の渡部さんは離婚を経験していることもあり「結婚には向いていない」と周囲に漏らしていたのだとか…。

中谷さんとは交際期間15年とも言われていて、渡部さんにしてみたら、すでに「夫婦同然」のように過ごし「今さら感」があったようです。

そうは言っても、中谷さんはやっぱり結婚に対して気持ちが大きかったようですね。

中谷美紀 熱愛 彼氏 女性セブン 真相

渡部さんは、中谷さんからの誘いで2009年から中谷さんと同じ事務所に所属していたそうです。

だけど2015年の7月末をもって、中谷さんはデビュー以来25年間所属していたこの事務所との契約を終了し、新たに個人事務所を設立しました。

周囲では「渡部さんと2人で独立するのでは?」という見方もあったようですが、結果として中谷さん一人となったようです。

この独立とほぼ同時期に、渡部さんと山本さんとのデートが報じられました。

独立の手続きは、びっくりするほど迅速に行われたそうなので、もしかしたら中谷さんは少し前から渡部さんに別の女性の影を感じていて、着々と準備を進めていたかもしれませんね。

それにしても、何故あんなに結婚に渋っていた渡部さんが、あっさり別の女性と再婚したのか謎ですね。

今回のまとめ

女性セブンには、最近のインタビューで語られた中谷さんの心境も掲載されています。

それは「実は私自身も結婚にはこだわっていません。幸せのカタチは人それぞれだと思っています。」との言葉。

これは渡部さんの再婚を受けての気持ちなのかはわかりませんが、やっぱり少し切なさを感じてしまいます。

これからも女優として大活躍しつつ、プライベートでも幸せになってほしいですね。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能