どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

小渕健太郎の不倫の真相がヤバイ?鬼頭里枝の名前?嫁と離婚か?

   

2016年は本当に不倫の話題が多いですね。コブクロの小渕健太郎さんも例外ではなかったようです。不倫相手は誰なのでしょうか。鬼頭里枝さんの名前もあり、他にも女性がいるなど真相がヤバイと噂になっています。過去には週刊誌に札幌デートを撮られた?嫁と離婚か?など、気になる情報を調べてみました。

スポンサードリンク

不倫の真相がヤバイ?

コブクロは、これまでに「桜」や「蕾」など多くのヒット曲を出していますよね。

メロディーはもとよりその心に響く歌詞、そして何と言ってもメインボーカルの黒田俊介さんの切ない歌声が多くの人を魅了しています。

2人は、互いにストリートミュージシャンとして活動していた時に、大阪堺市の商店街で出会ったそう。今の活躍を思えば、まさに奇跡の出会いですよね。

2016年でデビュー15周年、そんななか今回浮上したのが小渕さんの不倫報道。

はたしてその真相は何なのでしょうか。

小渕健太郎 不倫 真相

この不倫を報じたのが、10月13日発売の週刊誌「週刊新潮」です。

記事によると、なんと不倫相手は2人。

1人目の女性は、2004年に出会った30代のあるタレントさんだそうです。

この女性との関係は当時スポーツ紙にすっぱ抜かれたようで、交際報道が出る直前になって小渕さんから結婚している事実を知らされたのだとか…。

なので、この時点ではこのタレントさんは、小渕さんと普通に恋人同士だと思っていたそうです。

そして2人目の女性は、2009年の秋のツアー中に訪れた大阪北新地のお店のホステスさん。

小渕さんと初めて会った日に、小渕さんからメールが届いたそう。

それは「今、部屋に着きます。ちょっとだけ呑まないかな?」という内容のもの。

記事には、しっかりとこの携帯の画面も掲載されています。女性はこのメールを受け取り小渕さんの部屋に行き、男女の関係を持ったそうです。

スポンサードリンク

その時に小渕さんは女性に対し「うなじが好き、見せてよ」と口説いてキスしたのだとか…。だけど、その日以来連絡は途絶えたそうです。

何となく嫌な感じがするのは、メールの「呑まないかな?」のあとの赤い矢印のアゲアゲの絵文字。なにか「絶対くる」という自信のようなものが感じます。

何より気になるのは、1人目の不倫相手のタレントさんですよね。

はたして誰なのでしょうか。

不倫相手に鬼頭里枝の名前?嫁と離婚も?

記事によると、そのタレントさんとはスポーツ紙に報道された直前に別れたそうで、名前はわかりませんでした。

だけど、ネットで検索するとある1人の女性の名前が出てきます。

それは「鬼頭里枝」さんという方。

小渕健太郎 不倫相手 鬼頭里枝 真相

鬼頭里枝さんは、1981年生まれの現在34歳、静岡県浜松市出身です。

2005年から2007年まで鹿児島読売テレビ、2007年から2010年まで静岡テレビにフリーアナウンサーとして出演していたました。

なぜ、鬼頭さんが小渕さんの不倫相手なのかというと、2010年にネット掲示板「2ちゃんねる」に小渕さんと鬼頭さんが不倫中との書き込みがあったから。

さらに、週刊新潮の「30代のタレント」というのも、フリーアナウンサーならば大きなくくりでタレントと取れなくもなく「鬼頭さんと重なる」と言われています。

ただ、今回の場合は決定的な情報はないのでなんとも言えません。

鬼頭さんは2015年に結婚したばかり、もしも鬼頭さんにとって全く根も葉もない噂だとしたら、これ以上の迷惑はないですよね。

一方小渕さんは、1997年に中学校の同級生だった女性と結婚し、2008年12月には男女の双子の子どもを授かっています。

小渕健太郎 浮気 不倫 嫁 離婚

結婚したのはまだデビュー前で、小渕さんがサラリーマンとして働いていた頃です。

それから今日まで、ずっと小渕さんを支えてきたお嫁さん。

果たして今回の不倫報道をどう受け止めたのでしょうか。

不倫といっても現在進行形ではなく、12年前と6年前の話ですよね。

確かに時期は関係なく裏切り行為には違いないですが、もしかしたらお嫁さんはこの事実をすでに知っている可能性もあります。

1度目の時はスポーツ紙によって明かされたので、その前にお嫁さんに打ち明けたかもしれません。

実は、小渕さんは過去にも「浮気癖」を週刊誌で暴露されたことがあるのです。

ラウンジで次々と女性に声をかけていたとか、タクシーで女性と夜の街に消えていったとか、札幌で不倫デートをしていたとか…。

小渕さんのイメージからはにわかには信じられませんが、もしもこの浮気癖がすべて本当ならば、すでにお嫁さんは慣れっこになっていたりして…。

中学時代から知っていて結婚生活もすでに20年にもなると、デンと大きく構えることができるかもしれませんね。可愛い育ち盛りの子ども達もいることですし、厳しいかもしれませんが、離婚は回避して是非添い遂げてほしいと思います。

今回のまとめ

今回の不倫報道で不思議に思ったのが、なぜ今になってこのような報道が出たのか。

鬼頭さんのことは後付けで、やっぱりメインは2004年の一般女性の方だと思います。携帯のメールの画像が掲載されているということは、ホステスの女性が12年もの間しっかりと保存していたということでしょうか。

そして、2016年はコブクロのデビュー15周年の記念の年。

小渕健太郎 札幌デート 週刊誌 浮気

それに合わせて、女性側がリークしたとの見方が濃厚だと思います。

もちろん浮気や不倫はご法度ですが、そうでなくても今回の件で思うのは、やっぱり別れ方や引き際って大事だな〜ということ。

男女の間で綺麗に別れるってなかなか難しいですが、お互いに納得した別れ方だったら今回暴露されることもなかったかもと思います。

今回は、川谷絵音さんのようなフルボッコにはならないとは思いますが、小渕さんには音楽活動に専念してこれからも素敵な曲をたくさん作ってほしいです。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能