どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

矢島悠子の不倫相手や文春の真相は?旦那や子どもは?離婚や降板も?

   

テレビ朝日の矢島悠子アナウンサー。週刊文春に不倫疑惑を報じられたようです。不倫相手や報道の真相はどうなっているのでしょうか。旦那さんや子どもは?離婚や報道ステーションの降板も?など、気になる情報を調べてみました。

スポンサードリンク

不倫相手や文春の真相は?

矢島アナは、1982年7月27日生まれの現在34歳、神奈川県川崎市出身です。

2005年にテレビ朝日に入社し、夕方の報道番組「スーパーJチャンネル」を担当、「デカ盛り特集」ではその豪快な食べっぷりが話題になりました。

もしかしたら、あの日テレの水卜麻美アナのような「大食い女子アナ」の先駆けだったのかもしれませんね。

現在は、毎週日曜の朝10:00から放送されている「報道ステーション SUNDAY」にリポーターとして出演しています。

矢島悠子 不倫相手 誰 文春

矢島アナは2011年春に、当時「ちい散歩」を担当していた16歳年上のテレビ朝日関連会社の社員の男性と結婚。

そんな矢島アナに今回降ってわいた不倫報道。

果たして、不倫相手とは誰なのでしょうか。

週刊文春によると、不倫相手とされるのは50代の制作会社社長のMさん。

Mさんは、矢島アナが担当する「報道ステーション SUNDAY」と「報道ステーション」の製作を請け負っているのだそう。

矢島アナは、これまで何度かMさんの自宅を訪れていて、10月2日には2人で食事をし次の日にはコンサートに出かけたのだとか。

外出する際も人気のない薄暗いところでは手をつなぐなど、まさに訳ありカップルのよう。

そして、10月9日にはなんと週刊文春の取材を受けていました。

2人でいるところを直撃された矢島アナは「何も申し上げられません」とし、Mさんも「食事をしていただけ」「(自分は)スタッフです」答えたそうです。

さらに、矢島アナが自宅に泊まった事実を突き詰めるも「仕事の打ち合わせで会っていて(彼女は)のその日に帰っている」と主張・・・

矢島悠子 旦那 離婚 子ども

さらに手をつないだことを指摘するも「つないでいない」とまるで小学生のような受け答え…。50を過ぎた男性の、苦し紛れの返答は滑稽にさえ思えてきます。

テレビ朝日に事実を確認したところ「プライベートなことなので特にコメントすることはございません」との回答だったそう。

Mさんはバツイチで今は独身のようですが、果たして矢島アナは今、旦那さんとはどんな関係なのでしょうか。

旦那や子どもは?離婚や降板も?

実は、今回の不倫が発覚する1年くらい前から、矢島アナと旦那さんはすでに別居していたそうなのです。

矢島アナ自身、もう旦那さんには気持ちがないようで、周囲の人から旦那さんの事を聞かれても終始はぐらかしていたのだそう。

スポンサードリンク

ここまでくると、気持ちは完全に離れていたとは思いますが、やっぱり離婚が成立する前にこういうことが発覚してしまうと、離婚する際に何かと不利になりそうですよね。

気になるのは子どもの存在ですが、幸い?にもまだ子どもはいないそうです。

さらに気になるのが、矢島アナの仕事への影響…番組降板はあるのか。

今回の報道を聞いて思い出したのが、同じテレビ朝日の元女子アナの徳永有美さんの不倫騒動です。

徳永さんの不倫相手は、あのウッチャンナンチャンの内村光良さん。

今からさかのぼること2000年に、内村さんの番組「内村プロデュース」のアシスタントになった徳永さん。

この頃、すでに徳永さんは会社の同僚であるディレクターの男性と結婚していました。

だけど、当時旦那さんとは上手くいってなく、内村さんに相談しているうちに親密になったと言われています。

驚くべき事に、なんと旦那さんは「内村プロデュース」も手がけていたそうです。

本当に狭い範囲での不倫騒動だったんですね。

不倫を知った旦那さんは激怒し、徳永さんに高額の慰謝料を請求、2003年9月に離婚しました。

徳永さんは、不倫発覚当時にキャスターをしていた「スーパーモーニング」と「内村プロデュース」を降板。そして2005年4月、内村さんとの再婚と同時にテレビ朝日を退社。

今回の矢島アナの場合は、すでに夫婦関係が破綻しているようですが、別居だけだとどうなんでしょうね。旦那さんの出方によって変わってくるのかも…。

矢島悠子 不倫 降板 影響 今後

もしもこの別居が不倫が原因だとしたら、矢島アナは今後徳永さんと同じ道をたどることになるのでしょうか。

今回のまとめ

今回の不倫報道は、旦那さん・不倫相手ともに同じテレビ関係者というのが辛いですよね。

さらに、旦那さんは矢島さんより16歳年上なのでMさんともほぼ同年代、矢島アナは年の離れた男性が好きだということでしょうか。

矢島悠子 不倫 旦那 離婚 慰謝料

文春にもツッコまれていましたが、矢島アナの座右の銘の中に「’今’が最優先」「遊びゴコロを大切に」というのがあります。

まさに今それを地で行っているようですが、何事も「ほどほどに」が一番なのかもしれません。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能