どゆこと!?ラボ

気になるニュースや話題の真相・裏話などに迫ります。

*

大山真志は彼女と結婚している?オタクで刺青も?真田丸の評判

   

高畑裕太さんの代役として真田丸に出演する大山真志さん。思わぬ形で注目を集める形になりましたが、どのような方なのでしょうか。

テニミュの出身で彼女と結婚している?オタクで刺青の噂も?真田丸の評判も含めて大山真志さんの気になる情報に迫ります。

スポンサードリンク

プロフィール

大山真志 真田丸 評判 感想

・名前:大山 真志(おおやま まさし)
・生年月日:1989年8月17日
・出身地:東京都新宿区
・身長:182cm
・血液型:B型
・趣味:ゲーム・シルバーアクセサリー集め
・特技:スキー・水泳

大山真志さんは11歳の時に初舞台を踏み、27歳ながら芸歴16年の俳優さんです。あの「テニミュ」と呼ばれるミュージカル「テニスの王子様」にも出演していました。

現在も舞台やミュージカルを中心に活動していて、これまで出演した舞台はなんと100作以上なのだそうです。

大山さんは舞台関係者から「とても謙虚で演技に対して真面目」と評判が高く、地方公演に行った際はその土地の名物を買い、スタッフに配るといった気配りも見せているそう。

彼女がいて結婚している?

そんな心もイケメンな大山さん、果たして結婚はされているのでしょうか。

調べてみましたが、現在彼女がいるといった情報も結婚しているといった情報もありませんでした。

実は、一部で「高校生の彼女がいる」といった情報もあるのですが、どうやらそれは過去に出演した舞台に関係しているようです。

大山真志 彼女 結婚 指輪

大山さんは、木の実ナナさん主演の舞台「女子高生チヨ(64)」で木の実さん演じる女子高生の相手役として演じました。この舞台の後から、ネタとして「彼女は女子高生」ということになったようです。

彼女の情報はありませんでしたが、大山さんのブログの写真には少し気になるものが…。それは、左手薬指にはめられた指輪。ファンの間では、この写真の指輪が話題になっているようです。

実際、写真の指輪を見てみると、どうやらカップルでつけるペアリングというより、男性が好んではめるファッションリングといった印象です。

スポンサードリンク

想像ですが、大山さんがファッションの一部としてはめていると思われます。

ただ、ファンにしてみたら、少しの変化も見逃さないといった感じなのでしょうね。

オタクで刺青も?真田丸の評判とは?

さわやかなイケメンで性格も申し分ない大山さんですが、その一方で「オタク」や「刺青」といった噂があるのです。

まずオタクというのは、実は大山さん自身がトークイベントで明かしたもの。

大山さんはアニメやアニソンが好きで、トークの中でも好きなアニメの名前をたくさん披露したそう。アニメ以外にも東京ディズニーリゾートが大好きで、年間パスポートで遊びにいったこともあるのだとか。

その遊び方も独特で「今日は食べ歩きの日」「今日はアトラクションの日」とその日ごとに目的を決めていたそうです。これも立派な「TDLオタク」ですよね。

また刺青の噂ですが、調べたところ特に大山さんとは関係ないようです。

大山真志 オタク 刺青

ただ、大山さんはあるイベントで「マイケルジャクソンの眉毛は刺青らしい」という豆知識を披露したことがあるそうで、もしかしたらそれが「大山真志=刺青」という構図に繋がってしまったのかもしれませんね。

舞台を中心に活躍する大山さんのイメージは「THE舞台俳優」で、テレビにはあまり縁がないといった感じですよね。
そんな大山さんですが、2011年にテリー伊藤さんが出演する番組「テリー伊藤の世界のタビセツ」に出演したことがありました。

この番組は「人生は旅である」をキャッチコピーとして、現代の若者の海外離れを打開すべく、若者が海外に行きたくなる番組作りがコンセプトだったそうです。

番組に出演した大山さんの行き先は、なんと「モンゴル」。旅の初めに「漢になって帰ってくる」という目標を立てた大山さんですが、最初は終始ヘラヘラした表情。

だけど、旅の終わりにはひと回り成長した姿を見せました。

そして、今回さらなる成長を感じる、真田丸の起用。

大山真志 真田丸 代役 評価

高畑さんの代役という形ですが、番組の関係者は「知名度にはこだわらず、演技力を重視して俳優を探していた」とのこと。まさに、100以上の舞台を踏んできた大山さんなら適役ですよね。

今回のまとめ

大山真志さんを語る上で「舞台俳優」「オタク」の他に、「変顔」というのもあります。

大山さんは変顔をするのが好きで、カメラを向けられるとついつい変顔をしてしまうのだそう。それを物語るように、大山さんのツイッターには変顔があふれています。

真田丸では思わぬ形で話題になりましたが、代役というのを払拭するくらいの演技力を、是非見せつけてほしいですね。

スポンサードリンク

 - エンタメ・芸能